CX-60のワイドボディ版ではない!?【北米向けマツダ CX-70】 発表!

cx70-intro-eyeb2
スポンサーリンク

情報元はマツダNEWSROOMです。

マツダ株式会社(以下、マツダ)は、北米事業を統括する「マツダノースアメリカンオペレーションズ(Mazda North American Operations)」が新型クロスオーバーSUV「MAZDA CX-70(マツダ シーエックスセブンティ)」を、現地時間の1月30日に初公開したことを発表しました。

引用元:マツダ公式サイト

日本国内で販売中のCX-60、北米向け3列シートのCX-90に続きマツダのラージ商品群第三弾となる2列シートSUVである北米向けのCX-70が発表されました。

2024年春の販売が予定されています。

cx70-1
CX-70 画像引用元:マツダ公式サイト

元々、日本国内では2列シートのCX-60、3列シートのCX-80(今後発売予定)、そして北米向けには2列シートのCX-70、3列シートのCX-90というラインナップになっていましたので、残念ながら日本でCX-70が発売されることはないですが、フェンダーが大きく張り出したワイドボディであるCX-70、CX-90は迫力があってカッコいいですね!

まあ、日本国内では大きすぎるということなのでしょうが、例えばランクルだって日本で走っているわけで個人的には別に日本でCX-70があったっていいじゃない、と思うんですけどね。

ところで、CX-70はCX-60のワイド版・・と思っていたのですが、どうもそうではないようで、写真を見ると長いですね~ サイドから見るとCX-90に近いデザインですね。

ボディサイズはまだ分かりませんが、3列シートのCX-90より多少短いとしても、CX-90の全長5100mm、全幅1994mm、全高1745mmに近いサイズのような気がします。

2列シートでこの全長なので、リアシートの足元もかなり広そうな感じですね。
ラゲッジルームも大きそうです。

cx70-4
CX-70 画像引用元:マツダカナダ公式サイト

上の画像でちらっと見えますがリアバンパーのリフレクター周りのデザインも違いますね。

下の画像は私のCX-60なのですが、CX-70とはクオーターウィンドウあたりの形状も違いますね。
CX-60は、CX-5,CX-8のようにリアに向かって上に跳ね上がる形状ですが、CX-70はCX-90同様下に下がる形状になっています。

my-cx60-2
CX-60

なにより、CX-70はフェンダー付近が張り出していて迫力がありますね!
よく見るとルーフレールが付いています。
そしてヘッドランプ横には北米モデルということでオレンジ色のマーカーがありますね。

cx70-3
CX-70 画像引用元:マツダカナダ公式サイト

フロントバンパーの形状がCX-60ともCX-90とも違っていますね。
バンパー下のダクト形状がCX-60、CX-90とは違いやたらと大きく開いています。
下のCX-60と比べるとだいぶ違いますね。

my-cx60-1
CX-60

マツダカナダのサイトにレッド内装の写真が掲載されていましたがスポーティーでカッコいいですね!
他にはどのような内装色があるのか気になりますね。

cx70-5
CX-70 画像引用元:マツダカナダ公式サイト

北米向けということもあり、パワートレイン的には、CX-60とは違いディーゼル、ディーゼル+マイルドハイブリッドはありません。

そして、ガソリンモデルは直4の2.5Lではなく、直6の3.3Lガソリンターボエンジン+マイルドハイブリッド「e-SKYACTIV G3.3」となっています。
スムーズでパワフルなエンジンと予想できますね。

それと、プラグインハイブリッドの「e-SKYACTIV PHEV」は、2.5Lの直4ガソリン+モーターということで、こちらはCX-60と同じでしょうか。

パワートレインは上記2種類ですね。

また細かい情報が出てきましたら追記したいと思います。

とりあえずCX-70の情報一発目ということで今回はこのへんで終わります。

Mazda CXシリーズ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
1020.natto.kommyをフォローする
スポンサーリンク
NATTOのSUVブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました