マツコネ設定 総集編 おすすめ設定5選!

mazconne-recommended5-eyeb
スポンサーリンク

みなさま こんにちは!

知っておいたほうが良いと思うマツダ車のマツコネ設定をこれまでこのブログで紹介しましたマツコネ設定関連記事の中から5つ選んでまとめてみました。

マツダ車が納車されてまだ設定をなにもしていない方は是非チェックしてみてください。

車種・年式・グレードによってはその設定が該当無しの場合もありますのでご了承ください。
本記事は2021年モデルのCX-8をベースに記載しています。

もしかしたらその設定知らなかったという方もいらっしゃるかもしれませんので最後まで読んでみてくださいね!

※本記事は5ページ構成になっています。

スポンサーリンク

①LASのアシストタイミング設定

LAS(レーンキープ・アシスト・システム)のアシストタイミング設定です。

LAS搭載車種

まず、LAS(レーンキープ・アシスト・システム)搭載車は以下の通りとなっています。
以降LASと表記します。(グレードにより違いがあります)

◎:この中でアシストタイミングの設定がある車種

  • CX-60:CTS搭載
  • CX-3 ◎(年式による違いは未確認)
  • CX-5 ◎(2021年モデル以前)/ 2022年モデル以降 CTS搭載
  • CX-8 ◎(2022年モデル以前)/ 2023年モデル以降 CTS搭載
  • CX-30:CTS搭載
  • MX-30:CTS搭載
  • MAZDA3:CTS搭載
  • MAZDA6 ◎
  • MAZDA2 ◎
  • アクセラ ◎
  • アテンザ ◎

LAS搭載車で且つCTS(クルージング&トラフィック・サポート)非搭載の車種にLASのアシストタイミング設定がありという感じですね。

※今回の記事は2021年モデルのCX-8をベースにしています。

LASの設定メニュー

マツコネのホームから「設定」⇒「安全装備」⇒「リスク回避支援」というように進むとLASの設定画面になります。

ここに、上記LAS搭載車種で◎となっている車種のみの設定にはなりますが、「アシストタイミング」の設定があります。

アシストタイミング<遅い>

まず、アシストタイミングを「遅い」に設定します。(これが初期設定値です)

cx8-lanekeep-assist-set3

アシストタイミング:遅い に設定していて車両が車線を認識している時、車線を逸脱しそうになるとハンドルを自動で戻してくれるという動作になります。

cx8-lanekeep-assist-set1

ちなみに何秒か手を離してハンドル操作に人の介入がないと判断されると「ハンドルを持ってください」というような警告音と下の画像のような表示が出ます。

cx8-lanekeep-assist-set7

アシストタイミング<早い>

次に、アシストタイミングを「早い」に設定してみます。
今までよく見ていなかった設定です・・もっと早く知っていればよかったです^^;

cx8-lanekeep-assist-set4

アシストタイミング:早い に設定していて車両が車線を認識している時、「遅い」の時のように車線を逸脱しそうになった時ではなく、常に車線の中央付近をキープして走行するようにハンドルが自動で動いてくれます。

cx8-lanekeep-assist-set2

これは、第七世代マツダ車、また2022年モデルCX-5に搭載されているCTS(クルージング&トラフィック・サポート)に近い動きをしてくれると感じました。アシストタイミング「遅い」の設定でしか走行していなかったのでちょっと感動でした^^

もちろん、CTSはそれ以外に車線が認識できない場合は前方車に追従して曲がってくれるという機能がありますのでCTSと同じ動作ではないんですけどね。

cx8-lanekeep-assist-set5

アシストタイミング:早い に設定すると上の画像のように常にステアリングアイコンが表示されるようになります。(他のメーター表示モードでもステアリングアイコンがあります)

また、アシストタイミング:遅い と同様、何秒か手を離してハンドル操作に人の介入がないと判断されると「ハンドルを持ってください」というような警告音と下の画像のような表示が出ます。

cx8-lanekeep-assist-set7
タイトルとURLをコピーしました