撮影機材

スポンサーリンク

このブログで載せている写真や動画を撮影している撮影機材はこんな感じです。
気合入れて撮影するときは一眼レフを、通常のスナップ的なものはiPhone、車にくっつけて動画を撮影したり、スキーやスノボをするとき(このブログでは関係ないですが)また、YouTube動画の撮影にはGoProを使用するといった感じです。

GoPro Hero 9 Black (NEW)

GoPro Hero 7 Black に加え、GoPro Hero 9 Blackを追加しました。
7よりさらに手振れ補正が強力になった他、画質向上や液晶画面の拡大、自撮りに便利な前面カラー液晶が追加されたのも大きな改良です。
また、私が特に気に入っているのは水平維持機構で、GoProを多少傾けても撮影画像が水平になるモードがとても使えます!

EOS 5D Mark4

一眼レフはフルサイズセンサーのCanon EOS 5D Mark4を使ってます。EOS歴はフィルムカメラのEOS 55が最初でその後EOS 20D、EOS 5D、EOS 5D Mark2と使用し今に至っています。
Instagramの写真を撮影する時に縦位置での撮影が多いこともあってバッテリーグリップを装着しています。めちゃくちゃ重いです。

EOS R5発表されました(2020.7.10追記)

フルサイズミラーレス『EOS R5』が発表されましたね。2020年7月末発売とのこと。
光学ファインダーが好きですが、EOS R5の576 万ドットのOLEDファインダーの見え方が気になります。なにより今よりコンパクトになるのは歓迎ですね。
ただ、持っているEFレンズを生かすにはマウンドアダプターが必要ですがEOS R5欲しいです。

レンズ

EF24-70mm F2.8L Ⅱ USM

使用頻度が一番多い標準ズームレンズです。
F2.8と明るくボケ感がいい感じです。手振れ補正はありませんが明るさでシャッタースピード稼げるので問題なしです。逆にこれで手振れ補正が付いていたらさらに重くなってしまうし。

EF70-200mm F2.8L IS USM

2020年7月現在はⅢ型のEF70-200mm F2.8L IS Ⅲまでモデルチェンジしてますが私のは初期型です。
車の写真を気合いれて?撮るときに一番出番の多いレンズです。そして一番かっこよく撮れる気がします。
200mmまでF2.8通しなのでボケ感はかなり綺麗です。

EF16-35mm F4L IS USM

広角で撮る場合に使用しますが、F2.8ではなくF4のほうを選びました。広角で撮るときは絞ることが多いから、という理由と、なによりF2.8は高いから。です。
広角で車を撮影すると楽しいです。

SIGMA 15mm F2.8 EX DG FISHEYE

この魚眼レンズは面白くて車の写真でもたまに使います。ローアングルで空に向けて撮ったりハイアングルで見下ろす感じで撮ると丸くて写真になって面白いです。

EF50mm F1.4 USM

これで車の撮影をすることはほとんどないですが、軽くて単焦点のF1.4と明るいレンズでボケ感を生かしてうちの猫の写真をふんわりした感じで撮ったりするのに使ってます。
車関係ないですが。

SIGMA 50mm F2.8 DG MACRO

このマクロレンズは・・車の撮影では使ったことないです。使ってみようかな。

GoPro Hero 7 Black

主にスキーやスノーボードの撮影に使っていますが車の走行動画も撮ったりしています。
GoProはなんといっても手振れ補正の性能がすごいです。とくにGoPro Hero 7以降の手振れ補正は秀逸ですね。

iPhone 11 Pro

このiPhone 11 Proからカメラの性能が一気に上がったんじゃないでしょうか。
撮影した画像を拡大しても粗さやノイズがとても少ないと思います。
1倍、2倍のカメラに加え0.5倍の超広角レンズを備えたことでさらに撮影の幅が広がったと思います。
車のカスタム作業状況を撮影するのはもっぱらiPhoneを使っています。

とりあえずこのくらいにしときます。
このページは徐々に内容を充実させていく予定です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
NATTOのSUVブログ
タイトルとURLをコピーしました