【3分でできる】CX-5の【ワイパーゴム交換】

cx5_wiper-eye
スポンサーリンク

CX-5のワイパーゴム交換は普通に作業できれば3分で完了できます。
ワイパーの拭き具合が悪いなぁ~となった場合でワイパーゴム交換を1年以上していないなら交換すると改善する可能性は高いと思います。

※ブレード側の劣化の場合はゴム交換だけでは拭き具合が改善しない場合もあります。

2021.9.12 ほぼ同内容ですが、CX-8のワイパーゴム交換をした記事も新たに追加しています。
cx8-wiper-rubber-rep-eye

ワイパーゴムの交換作業

それでは実際CX-5のワイパーゴムを交換手順を説明します。

cx5_wiper-1

こちらが今回交換するマツダ純正のフロントワイパーゴムです。

ディーラーさんで純正のワイパーゴムを受け取る場合はサイズを気にしないかもしれませんが、社外ワイパーゴムを購入する場合、CX-5は以下のサイズとなりますので念のため書いときます。

  • 運転席側:600mm
  • 助手席側:450mm

パックdeメンテの記事を見ていただいた方はもうお分かりかもしれませんが、はい、その時に貰ったワイパーの替えゴムです!

ワイパーアームからのブレードの取り外し

cx5_wiper-2

CX-5のワイパーはトップロック方式のブレードになっていますので■のボタンを押し込みながらブレードを矢印方向に引き抜きます。

cx5_wiper-3

はい、簡単に抜けました。

古いワイパーゴムの取り外し

cx5_wiper-4

次に古いゴムを抜き取ります。これはワイパーの端部分です。

ワイパーゴムを一旦赤矢印の方向に引いて、緑矢印の部分まで頑張って引き下ろします。
ここ、ちょっと力が必要です。

cx5_wiper-5

先ほどの緑矢印のところまで引き下ろしたら、ブレードの切れ目のところから古いワイパーゴムを矢印方向に外します。

cx5_wiper-6

そしてそのままスルスルと抜き取れば古いワイパーゴムの取り外しは完了です。

新しいワイパーゴムの取り付け

cx5_wiper-7

ワイパーゴムを抜き取った後のブレードの写真です。
丸印のところから新しいワイパーゴムを挿入します。

cx5_wiper-8

おそらく間違わないと思いますが、ワイパーブレードの差し込むのは赤〇の溝のほうですのでお間違いなく。

cx5_wiper-9

このようにワイパーゴムをブレードに差し込みます。

cx5_wiper-10

そのまま後端までワイパーゴムをスルスルと差し込んでいきます。
ここまでは超簡単です。

cx5_wiper-11

古いワイパーゴムを取り外す時と同様にここはちょっと力が必要です。
黄○の先端を緑○のところまで一旦引き下げて先端をブレードの先端に収める感じです。

cx5_wiper-12

こんな感じです。
分かってしまえば簡単ですね。って・・ 指が黒くなってますが・・笑
軍手とか着けて作業したほうが良いですね。

cx5_wiper-13

新しいワイパーゴムをブレードに取り付けましたので、次にブレードをアームに戻します。
ブレードをアームに差し込み、ブレード側の黄○の部分をアームの緑○の部分にカチっとはめる感じです。

cx5_wiper-14

はい、できました。これで運転席側が完了です。
助手席側も同様に行います。

写真が多く手順が多いように見えるかもしれませんが、ここまで順調にいけば1分30秒くらいでできると思います。
プラス、助手席側をやっても3分ということですね!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事を読んで手順が多い気がしてしまうかもしれませんが、実際やってみると簡単だということが分かっていただけると思います。
ちょっと指先の力が必要な個所もありますが。

今回、純正のノーマルなワイパーゴムに交換していますが、特にフロントガラスには撥水が欲しいですよね。

現在私は、クリンビューのガラス撥水コーティング剤を使っています。

cx5_wiper-15

塗りやすいし撥水効果が長期間持続するので気に入っています。

以前、5分間のワイパー動作でフロントガラスに撥水コーティングがされるというシリコンオイルが配合された「PIAAの撥水ワイパーゴム」を装着していましたがこちらもワイパーで拭ける範囲だけにはなりますが撥水コーティングをわざわざしなくても勝手に撥水されるので便利です。

ただし、注意です!

ガラス撥水コーティング剤と、撥水効果のあるワイパーゴムは相性があるようなので、撥水コーティング剤を使用するならノーマルのワイパーゴムを、撥水のワイパーゴムを使用するなら撥水コーティング剤は使わないのがよいかもしれません。

※実は、上記のクリンビューの撥水コーティング剤を使ったガラスで上記PIAAの撥水ワイパーを動作させるとブルブルブルブルっとビビリまくってしまったという経緯がありましたので。

どちらか一方の使用ならとても快適です!

以上です。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

CX-5_CX-8_CX-30メンテ
スポンサーリンク
1020.natto.kommyをフォローする
スポンサーリンク
NATTOのSUVブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました