お気に入りのExclusive Modeな装備

cx5-ventilation1
スポンサーリンク

これが良くて1年乗ったCX-5 XD L-Packageから乗り換えたといっても過言ではないです。という装備を紹介します。予約注文だったのですが注文時に見ていたCX-5のカタログでは名称が決まっておらず”特別仕様車”という名称になっていました。あとから”Exclusive Mode”というグレードになることが分かったんですけどね。

ナッパレザーシート 

ナッパレザーシートはCX-5のExclusive Modeに標準搭載されているシートです。ちなみにCX-8の場合はL-Package以上に装備されいるシートです。(2020年5月現在)

cx5-seat1

ナッパレザーシートとは

ナッパレザー(Nappa Leather)とは、なめし加工を施した柔らかく耐久性に優れた牛革のことで、 アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコ・ベイエリアの北部に位置するナパ(Napa)群(wikipedia)で作られていた革が語源のようです。

ナッパレザーシートの色

CX-5のカタログでは”ディープレッド”という色で説明されていますが、赤というよりは茶色っぽい感じですね。色的には前車L-Packageのブラックの本革シートのほうが個人的には好きだったかもしれません。あくまで色に関しては。ちなみにCX-8ではピュアホワイトのナッパレザーシートも選択できるようです。

ナッパレザーシートの質感

質感はとても良いです。通常の本革シートのような滑る感覚とは違い、しっとりとしていて滑る感じは少ないです。となると耐久性が気になるところですが耐久性に優れたレザーということになっているのでとりあえず安心しています。

シートベンチレーション

シートベンチレーションはCX-5のExclusive Mode(25T, XD)に標準装備されている機能です。ちなみにCX-8の場合はXD PROACTIVE S Package, L-Package(25S, 25T, XD), Exclusive Mode(25T, XD)に標準装備されいます。(2020年5月現在)

cx5-ventilation2

オレンジ色で示したボタンはシートヒーターで、下の方に青で示したボタンがシートベンチレーションのボタンです。運転席と助手席分でリアシートにはありません。

シートベンチレーションとは

フロントシートには、乗員とシートの間の熱のこもりを吸い出し、暑い季節でも快適な運転環境を提供するベンチレーション機能を備えています。背もたれと座面の広範囲に吸い出し口を設けることで、局所的な冷えの防止にも注力しました。吸い出し風量は3段階で調節できます。

”MAZDA公式サイトより引用”

夏場などシートが熱くなったときや、シートに接する部分が蒸れたりしたときに冷やす効果があるシートエアコンの一種ですね。これが欲しかった!

cx5-ventilation3

上の画像のお尻の部分と背中の部分にポチポチと穴があってそこから冷気が出る・・のではなく、空気を吸われるんです。

シートベンチレーションの効果は

効果は絶大です!わりと蒸れやすい人(熱い人)なので夏場は最高です!
ベンチレーションのスイッチは3段階になっていて一発押すとLEDが3つ点灯(効果大)もう一度押すとLEDが2つ点灯(効果中)さらに押すとLEDが1つ点灯(効果小)となります。
微かにシューーという音とともにシートの穴から空気が吸われてひょえぇぇ~っとなります。

ただ、ちょっと残念

CX-5だけを知っていたなら快適でうれしい機能だ!となりますが、CX-8のシートベンチレーションはシートの形状によりポチポチ穴がひざ裏の部分まであります。CX-5はひざ裏があたる部分にポチポチ穴がないのです。そこはCX-8のほうがいい感じです。

ブラックな天井&ピラー

CX-8は基本、内装の天井・ピラー部分はブラックなんですが、CX-5は白っぽいベージュ?な感じなんですが、Exclusive Modeだけブラックになっています。

ブラックな天井

なにげに室内の照明がLEDになっていたりLEDダウンライトがあったりしますがこれもExclusive Modeの装備です。いつか紹介するかもです。

cx-5-ceiling

ブラックな天井は落ち着きがあって好きです。CX-8が発売されたときにブラックな天井いいなーと思っていたんです。Exclusive Modeだけの設定ではありますがCX-5に設定されて良かったです。

ブラックなピラー

cx-5-pillar

このピラー部分がブラックというのもいい感じです。なにかと運転中に目に入るAピラー部分ですがブラックのほうが個人的に目障り感が少ない気がします。まあ、このAピラーによる死角は変わらないんですけどね。
それと、外から見たときにAピラー部分がブラックだと違和感がない感じがします。

というわけで、今回はCX-5のExclusive Modeのお気に入り装備について紹介させていただきました。まだ他にまあまあお気に入りな装備もありますので後日パート2として紹介したいと思っています。

コメント

  1. […] ※以前記事にしました「お気に入りのExclusive Modeな装備」と少し被る部分があります。 […]

タイトルとURLをコピーしました