Mazda CX-60 インテリア選び

cx60-interia-color-eye
スポンサーリンク

マツダ CX-60には全7パターンの内装があります。
ボディカラーも悩みどころですが内装・シートのカラー、素材も悩むところですね。
本記事ではそれぞれの内装の特徴について簡単にまとめてみました。

CX-60インテリアカラー(全7パターン)

ナッパレザー(ピュアホワイト)

Premium Modern専用のナッパレザー(ピュアホワイト)内装です。
やはりホワイト内装は豪華ですね!
インパネデコレーションパネル部分はピュアホワイトのルーセントクロスというクロス素材になっていて新しくて優しい素材感です。

cx60-pm-1
画像引用元:マツダ公式サイト

ドアトリムやセンターコンソールには本杢メープルウッドが使われていてとても高級感があります。
ステアリングにはホワイトのステッチが入っています。

cx60-pm-2
画像引用元:マツダ公式サイト

シートのセンターアクセントにもクロス素材が使われています。
ピラー部、天井はライトグレーのクロスになっていて明るい内装ですね。

↑トップへ

ナッパレザー(タン)+レガーヌ®(タン)

Premium Sports専用のナッパレザー・タンカラー内装です。今回の内装の目玉かもしれません。
インパネデコレーションパネル部分はセーレーン社のレガーヌ®というスウェード調の人工皮革調新商品です。ドアトリムの部分にも使われていますね。

cx60-ps-1
画像引用元:マツダ公式サイト

そしてステアリングはブラックとタンカラーの2トーンの本革ステアリングになっていてこれは新しいですね!個人的にはこのタンカラー内装が欲しいです。

cx60-ps-2
画像引用元:マツダ公式サイト

シートセンターには合成皮革のアクセントがあります。CX-60のシートの中で唯一キルティング加工が入っています。
ピラー部、天井はブラックのクロスになっていて引き締まった感じですね。

↑トップへ

ナッパレザー(ピュアホワイト)

Exclusive ModernとExclusive Modeに設定されるナッパレザー(ピュアホワイト)内装です。

Premium Modernのピュアホワイト内装に似ていますがインパネデコレーションがPremium Modernのルーセントクロスに対して、こちらはホワイトの合成皮革になっていたりドアトリムなどは本杢メープルウッドではなくインレイメタルウッドとなっています。とはいえ、こちらも豪華ですね。

cx60-exm-1
画像引用元:マツダ公式サイト


シートのセンターアクセントには合成皮革が使われています。
ピラー部、天井はライトグレーのクロスになっていてこちらも明るい内装ですね。

cx60-exm-2
画像引用元:マツダ公式サイト

↑トップへ

ナッパレザー(ブラック)

Exclusive SportsとExclusive Modeに設定されるナッパレザー(ブラック)内装です。
インパネデコレーション部分はブラックのコードバン調の合成皮革です。
タンカラー内装は豪華ですが、ブラック内装は落ち着きがあってこちらも良いですね。

cx60-exs-1
画像引用元:マツダ公式サイト

シートのセンターアクセントには合成皮革が使われています。
ピラー部、天井はブラックのクロスになっていて引き締まった内装ですね。

cx60-exs-2
画像引用元:マツダ公式サイト

Sportsグレードが欲しいけど内装はブラックが好みな方はPremium Sportsではなく、Exclusive Sportsグレードを選ぶことになります。
Premium Sportsと同装備にする場合はメーカーオプションで対応できます。

↑トップへ

レザー(グレージュ)

L Packageに設定されるレザー(グレージュ)内装です。
インパネデコレーションパネル部分はブラックのシュリンク調の合成皮革です。
こちらのシートはナッパレザーではなく通常のレザーです。
グレージュ色になっていてピュアホワイトよりも落ち着いた色ですね。

cx60-lp-g-1
画像引用元:マツダ公式サイト

シートのセンターアクセントには合成皮革が使われています。
ピラー部、天井はライトグレーのクロスになっていて明るい内装ですね。

cx60-lp-g-2
画像引用元:マツダ公式サイト

↑トップへ

レザー(ブラック)

L Packageに設定されるレザー(ブラック)内装です。
インパネデコレーションパネル部分はブラックのシュリンク調の合成皮革です。
こちらのシートはナッパレザーではなく通常のレザーです。

cx60-lp-b-1
画像引用元:マツダ公式サイト

シートのセンターアクセントには合成皮革が使われています。
ブラック基調の内装ですがピラー部、天井はライトグレーのクロスになっています。

cx60-lp-b-2
画像引用元:マツダ公式サイト

↑トップへ

クロス(ブラック)

S Package, XDに設定されるクロス(ブラック)内装です。
インパネデコレーションパネル部分はラギッドブラックの樹脂となっています。

cx60-sp-1
画像引用元:マツダ公式サイト

レザーシートが好みでない場合はこのS PackageかXDグレードしか選択肢がありません。

cx60-sp-2
画像引用元:マツダ公式サイト

ピラー部、天井はライトグレーの樹脂です。

↑トップへ

「インテリアからCX60グレードを選ぶ」は次のページです。

MAZDA CXシリーズ
スポンサーリンク
1020.natto.kommyをフォローする
スポンサーリンク
NATTOのSUVブログ

コメント

  1. とよぞう より:

    とても見やすくまとめられていて、グレード選びの参考になりました。Lパケのブラックのレザーの場合、ピラーや天井はブラックとありましたが、画像を見た感じグレーかと思いますがいかがでしょうか?

    • とよぞう様 コメント、そしてご指摘いただきどうもありがとうございます!
      Lパケのブラックレザーの場合、ピラー・天井はグレーが正解ですね。
      修正させていただきました。ありがとうございます!

タイトルとURLをコピーしました