CX-60 Sportsグレード PremiumとExclusiveの違い(41.8万円の差は?)

cx60-premium-exclusive-eye
画像引用元:マツダ公式サイト
スポンサーリンク

こんにちは!なっとーです!

マツダ ラージ商品群の初SUVとなるMAZDA CX-602022年9月から販売開始となります。

そこで今回はMAZDA CX-60の上級グレード「Premium Sports」「Exclusive Sports」の両グレードが装備的にどう違うか、価格の差は何かなどについて記事にしてみたいと思います。

Sportsグレードはどんなグレードか?

簡単にいうと、ブラックパーツを多用しスポーティーなイメージに仕上げたグレードですね。

cx60-premium-exclusive-7
画像引用元:マツダ公式サイト

CX-5のスポーツアピアランスのようなイメージでしょうか。
または、CX-30,CX-5,CX-8に設定のあるブラックトーンエディションもブラックパーツを多用したスポーティーグレードですね。

cx60-premium-exclusive-8
画像引用元:マツダ公式サイト

CX-60のPremium Sports, Exclusive Sportsはブラックメタリック塗装されたホイール、グロスブラックのドアミラー、ブラッククロームのシグネチャーウィングなど多数のブラックパーツが使われています。

そしてCX-60のSportsグレードは、2.5Lガソリンモデル、3.3Lディーゼルモデルにはラインナップされておらず3.3Lディーゼル+Mハイブリッドの e-SKYACTIV D、プラグインハイブリッドモデルの  e-SKYACTIV PHEVだけに存在するグレードになっています。

Premium SportsとExclusive Sportsの違い

パノラマサンルーフ

開放的な視界と明るさを実現する大型のパノラマサンルーフ。
前側がスライドしてオープンするサンルーフで、サンシェードも電動で開閉できます。

cx60-premium-exclusive-1
画像引用元:マツダ公式サイト

パノラマサンルーフはPremium Sportsグレードに標準装備となっていて
Exclusive Sportsはメーカーオプション設定となっています。

パノラマサンルーフのオプション価格は、\121,000(税込)

CX-5やCX-8のサンルーフとは違いかなり大きく開放的なサンルーフですね。

ドライバー・パーソナライゼーション・システム

CX-60にはドライバー・パーソナライゼーション・システムという自動でドライビングポジションなどを設定してくれたり、乗降時に乗り降りしやすいようにシートやステアリングが自動で動く装備があります。

自動ドライビングポジションガイド

マツコネで身長を設定し、カメラで目の位置を測定することによりドライバーの体格に合うよう自動でドライビングポジションなどを設定してくれるシステムがあります。

これは、Premium Sportsに標準装備、Exclusive Sportsにメーカーオプションとなっています。

cx60-premium-exclusive-2
画像引用元:マツダ公式サイト
cx60-premium-exclusive-3
画像引用元:マツダ公式サイト

具体的には、シート位置、ステアリング位置、アクティブ・ドライビング・ディスプレイの表示位置、ドアミラー角度を自動調整してくれる機能です。素晴らしいですね!

cx60-premium-exclusive-4
画像引用元:マツダ公式サイト

エントリーアシスト

乗降時、ステアリングとシートを乗り降りしやすいように自動で動かしてくれる機能もあります。

エントリーアシストはPremium Sportsに標準装備、Exclusive Sportsにメーカーオプションとなっています。

cx60-premium-exclusive-6
画像引用元:マツダ公式サイト

自動ドライビングポジションガイドとエントリーアシストはセットで\55,000(税込)のメーカーオプションです。

自動設定復元

顔認識によって車両設定やオーディオ、空調などドライビングポジションを含む250を超える項目
を自動的に復元する機能はPremium Sports, Exclusive Sportsともに標準装備となっています。

cx60-premium-exclusive-5
画像引用元:マツダ公式サイト

シート・内装

Premium Sportsのシート・内装

Premium Sportsグレードのみシートはタンカラーのナッパレザーシート、2トーンの本革巻ステアリングになっています。国産メーカーでは敵なし?の高級感といっても過言ではない気がします^^

タンカラー内装が欲しい場合はPremium Sportsグレード一択になります。

cx60-premium-exclusive-12
画像引用元:マツダ公式サイト

インパネデコレーションパネル・ドアトリムにタンカラーのレガーヌ®を使用
※レガーヌ®:高触感で伸縮性のある人工皮革調新素材(セーレーン社製)

cx60-premium-exclusive-13
画像引用元:マツダ公式サイト

このタンカラー内装、個人的にはかなり好印象です。

Exclusive Sportsのシート・内装

Exclusive Sportsグレードのシートはブラックのナッパレザーシートです。
もちろんナッパレザーですしこちらも高級感があります。

cx60-premium-exclusive-14
画像引用元:マツダ公式サイト

ブラックの内装が好みであればExclusive Sportsを選択することになります。

cx60-premium-exclusive-15
画像引用元:マツダ公式サイト

インパネデコレーションパネル・ドアトリムはブラックの合成皮革です。

「Premium SportsとExclusive Sportsの価格差」は次のページです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました